〔死とお金の話〕第15回 祭祀財産と相続財産は別=小谷みどり

エコノミスト 第90巻 第52号 通巻4260号 2012.11.27
ブックマーク:   Twitterでつぶやく

 遺産には、祭祀(さいし)財産(お墓や位牌、家系図)と相続財産がある。祭祀財産は誰か1人にすべて継承させるのが原則だ。 祭祀財産の継承者は、(1)故人が指定した人、(2)指定がない場合には地域の慣習、(3)慣習が明らかでない場合には家庭裁判所の調停や審判−−といった方法で決める。 継承者の指定は、口頭や書面でもいいし、故人がはっきりと伝えていなくても、周りの人が暗黙の了解をしていればよいことになっ…


  • ●この記事の情報
  • 掲載誌:
  • エコノミスト
  • 第90巻 第52号 通巻4260号
  • (2012.11.27)
  • ページ数:
  • 1ページ
  • (全1519字)
  • 形式:
  • PDFファイル形式
  • (232kb)
  • 雑誌での掲載位置:
  • 101頁目

このページのURLをメールで送る

購入方法

この記事は以下の決済方法を使ってご購入できます。

G-Search ミッケ!は記事ごとに販売するサービスです。
この記事のページ数は「1ページ」です。ご希望の記事か、ご購入の前に「この記事の情報」で内容をお確かめください。
※特集のトビラ、タイトルページなど、図案が中心のページもございます。ご購入の際は文字数もご確認ください。

@nifty決済で購入する

価格:100円+税
購入する

Yahoo!ウォレットで購入する

価格:100円+税
購入する

G-SearchIDで購入する

価格:100円+税
購入する

IDをお持ちでない方

この号の他の記事をみる

お薦めの記事

この記事が掲載されている雑誌の情報

エコノミスト
2012.11.27
第90巻 第52号 通巻4260号

週刊エコノミストは、社会を経済的視点から深く分析し、社会の変化に対応したニュースを配信します。G-Search ミッケ!では、週刊エコノミストのバックナンバーを必要な記事だけ購入する事ができます。

この号の他の記事をみる