このページをブックマークする

Twitterでつぶやく

総合感冒薬 <レポート基準年:2014年>

富士経済グループ「マーケットシェアデータ」 
データ更新日:2014年10月03日 

富士経済グループの市場調査レポートを元に基礎情報を再編集し、市場規模推移、マーケットシェアの数値データと市場概要、マーケットシェア動向、将来展望などを収録。市場規模、市場動向、トップシェア企業が1枚のレポートに集約されています。

【収録内容(レポートから抜粋)】

総合感冒薬は、風邪の諸症状(鼻水、のどの痛み、せき、発熱など)の緩和目的の医薬品を対象とする。但し、漢方製剤の葛根湯の液剤は対象外とする。総合感冒薬は、風邪の諸症状を効果・効能としており、その需要動向は風邪の流行状況に左右される。風邪の流行は気候要因の影響を受けるため、年毎の需要変動は避けられず、・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価


  • 出典:富士経済グループ「マーケットシェアデータ」
  • 市場分類:総合感冒薬 <レポート基準年:2014年>
  • データ更新日:2014年10月03日
  • 情報提供元:株式会社富士経済ネットワークス
  • PDF頁数:1頁 (132kb)

購入方法

この記事は以下の決済方法を使ってご購入できます。

@nifty決済で購入する

価格:2000円+税
購入する

Yahoo!ウォレットで購入する

価格:2000円+税
購入する

G-SearchIDで購入する

価格:2000円+税
購入する

IDをお持ちでない方

その他のレポートをみる

お薦めの記事

出典元情報