富士経済グループマーケットシェアデータ

エンジン関連

EVシステム〈レポート基準年:2018年〉

データ更新日:2020年01月28日
情報提供元 株式会社富士経済ネットワークス
PDFページ数 1頁(302kb)
レポート概要(レポートから抜粋)

EVシステムは、モーター、モーター駆動用インバーター、DC-DCコンバーター、車載充電器、大容量バッテリー、及びこれらの部品を制御する各種ECUとセンサー類で構成されている。HVやPHVの様にエンジンでの駆動や発電は行わない。2018年EVシステムの市場規模は、数量ベースで154万システム(前年比・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価

価格2,000(税抜)

購入する

PHVシステム〈レポート基準年:2018年〉

データ更新日:2020年01月28日
情報提供元 株式会社富士経済ネットワークス
PDFページ数 1頁(297kb)
レポート概要(レポートから抜粋)

PHVシステムは、インバーター、モーター、高圧バッテリー、DC-DCコンバーター、車載充電器、平滑用コンデンサー、及びこれらを制御するPHV ECUで構成される。PHVは欧州自動車メーカーによるラインアップが多く、日本ではストロングHVシステムが早期に普及したことや充電インフラが未整備であることか・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価

価格2,000(税抜)

購入する

変速制御システム〈レポート基準年:2018年〉

データ更新日:2020年01月28日
情報提供元 株式会社富士経済ネットワークス
PDFページ数 1頁(304kb)
レポート概要(レポートから抜粋)

本項は、エンジンの出力を駆動輪に伝達する際、適切なトルクと回転速度に変速するシステムであり、ドライバーが手動で変速比を切り替えるMT(手動変速機)以外の電子制御式変速制御システムを対象とする。HVシステムは対象外とする。対象製品には、AT(自動変速機)、CVT(無段変速機)、AMT(自動制御マニュ・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価

価格2,000(税抜)

購入する

エンジンマネジメントシステム(GEM-DI)〈レポート基準年:2018年〉

データ更新日:2020年01月28日
情報提供元 株式会社富士経済ネットワークス
PDFページ数 1頁(294kb)
レポート概要(レポートから抜粋)

エンジンマネジメントシステムは、エンジンECUによって制御されるシステムである。燃料の違いによりガソリンやフレックス燃料を使用するガソリンエンジンマネジメントシステム(GEM)、軽油を燃料とするディーゼルエンジンマネジメントシステム(DEM)に大別され、GEMにはインテークマニホールド内に噴射する・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価

価格2,000(税抜)

購入する

アイドリングストップシステム〈レポート基準年:2018年〉

データ更新日:2020年01月28日
情報提供元 株式会社富士経済ネットワークス
PDFページ数 1頁(292kb)
レポート概要(レポートから抜粋)

アイドリングストップシステムは、車両停車時において自発的にエンジンを停止し、発進時にエンジンを再始動させるシステムである。本項は、HV/PHV/EV/FCVシステムや後付けの市販製品は対象外とする。 当該システムの主要構成部品は、エンジン始動用のスターター、電力供給を行うオルタネーター、スターター・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価

価格2,000(税抜)

購入する

インジェクター〈レポート基準年:2018年〉

データ更新日:2020年01月28日
情報提供元 株式会社富士経済ネットワークス
PDFページ数 1頁(304kb)
レポート概要(レポートから抜粋)

当該製品は、エンジンマネジメントシステムに搭載され、混合気を作る為の燃料噴射デバイスである。システムのタイプによって当該製品に対する要求が違う為、製品構造や価格も大きく異なる。GEM-PFI向けの製品は吸気マニホールドに取り付けられ、空気がシリンダー内部に入る前に燃料を噴射し混合気を作る。GEM-・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価

価格2,000(税抜)

購入する

EGRクーラー〈レポート基準年:2018年〉

データ更新日:2019年06月19日
情報提供元 株式会社富士経済ネットワークス
PDFページ数 1頁(186kb)
レポート概要(レポートから抜粋)

EGRクーラーは、NOx(酸化窒素)の発生を抑制する為に、一度エンジンで燃焼した排気ガスの一部を吸気側に再度戻し、内燃機関の燃焼室の温度を下げることによってNOxの発生を抑制する技術(EGR:排気再循環)で使用される部品である。機能としては排気ガスを吸気側に戻す際、排気ガスの温度を下げる。当該製品・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価

価格2,000(税抜)

購入する

EGRバルブ〈レポート基準年:2018年〉

データ更新日:2019年06月19日
情報提供元 株式会社富士経済ネットワークス
PDFページ数 1頁(189kb)
レポート概要(レポートから抜粋)

EGRバルブは、NOx(酸化窒素)の発生を抑制する為に、一度エンジンで燃焼した排気ガスの一部を吸気側に再度戻し、内燃機関の燃焼室の温度を下げることによってNOxの発生を抑制する技術(EGR:排気再循環)で使用される部品である。当該製品は、NOxを多く排出するディーゼル車に多く使用されていたが、スト・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価

価格2,000(税抜)

購入する

エキゾーストマニホールド〈レポート基準年:2018年〉

データ更新日:2019年06月19日
情報提供元 株式会社富士経済ネットワークス
PDFページ数 1頁(179kb)
レポート概要(レポートから抜粋)

当該製品は、複数の排気流路を一つにまとめる排気管であり、排気ポートに接続されるヘッダーパイプとこれらを集合させるコレクターからなる。近年は、世界的な排ガス規制強化を背景に、始動直後からも排ガス浄化を行う為に当該製品内に触媒コンバーターを一体化した製品が増加している。又、触媒コンバーターをよりエキゾ・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価

価格2,000(税抜)

購入する

インテークマニホールド〈レポート基準年:2018年〉

データ更新日:2019年06月19日
情報提供元 株式会社富士経済ネットワークス
PDFページ数 1頁(183kb)
レポート概要(レポートから抜粋)

当該製品は、空気や混合気をエンジンの各燃焼室に均等かつ効率的に導入する為の多岐管である。ガソリンエンジンの場合、管の太さや長さに応じて混合気の量が異なる為、エンジン回転数や出力に大きく影響を与える部品である。その為、走行状況に応じて管の長さを調整する可変長タイプの製品が増加している。当該市場はエン・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価

価格2,000(税抜)

購入する

エアクリーナ〈レポート基準年:2018年〉

データ更新日:2019年06月19日
情報提供元 株式会社富士経済ネットワークス
PDFページ数 1頁(183kb)
レポート概要(レポートから抜粋)

エアクリーナーはエンジンが吸入する空気中のダストを防ぐ為に取り付けられる部品である。当該製品はエンジン吸気装置に搭載される製品のみを対象とし、自動車エアコンフィルターは対象外とする。2017年のワールドワイド市場は、数量ベースで9576万個、金額ベースで1262億1000万円である。2018年は、・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価

価格2,000(税抜)

購入する

スロットルボディ〈レポート基準年:2018年〉

データ更新日:2019年06月19日
情報提供元 株式会社富士経済ネットワークス
PDFページ数 1頁(186kb)
レポート概要(レポートから抜粋)

当該製品は、バルブの開閉によりエンジンに吸入する空気の量を変化させるモジュールである。アクセルポジションセンサーでペダルストロークを検知し、その電気信号や他の信号と共にエンジンECUで演算されバルブの開閉が制御される。2017年のワールドワイド市場は、数量ベースで7572万個、金額ベースで1994・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価

価格2,000(税抜)

購入する

過給機(チャージャー)〈レポート基準年:2017年〉

データ更新日:2019年02月15日
情報提供元 株式会社富士経済ネットワークス
PDFページ数 1頁(191kb)
レポート概要(レポートから抜粋)

当該製品は、エンジンへの吸入空気量を強制的に増加させる為の装置であり、ターボチャージャーとスーパーチャージャーがある。ターボチャージャーは、排ガスの内部エネルギーを利用してタービンを高速回転させ、その回転力でコンプレッサーを駆動することにより圧縮した空気をエンジン内に送り込む。スーパーチャージャー・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価

価格2,000(税抜)

購入する

EVシステム〈レポート基準年:2017年〉

データ更新日:2019年02月15日
情報提供元 株式会社富士経済ネットワークス
PDFページ数 1頁(194kb)
レポート概要(レポートから抜粋)

EVシステムは、モーター、モーター駆動用インバーター、DC-DCコンバーター、車載充電器、大容量バッテリー、及びこれらの部品を制御する各種ECUとセンサー類で構成されている。HVやPHVの様にエンジンでの駆動や発電は行わない。2017年におけるEVシステムの市場規模は、数量ベースで97万システム(・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価

価格2,000(税抜)

購入する

PHVシステム〈レポート基準年:2017年〉

データ更新日:2019年02月15日
情報提供元 株式会社富士経済ネットワークス
PDFページ数 1頁(189kb)
レポート概要(レポートから抜粋)

PHVシステムは、インバーター、モーター、高圧バッテリー、DC-DCコンバーター、車載充電器、平滑用コンデンサー、及びこれらを制御するPHV ECUで構成される。2017年PHVシステムの市場規模は、数量ベースで49万システム(前年比158.6%)、金額ベースで3,649億2,000万円(前年比1・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価

価格2,000(税抜)

購入する

変速制御システム〈レポート基準年:2017年〉

データ更新日:2019年02月15日
情報提供元 株式会社富士経済ネットワークス
PDFページ数 1頁(193kb)
レポート概要(レポートから抜粋)

本項は、エンジンの出力を駆動輪に伝達する際、適切なトルクと回転速度に変速するシステムであり、ドライバーが手動で変速比を切り替えるMT(手動変速機)以外の電子制御式変速制御システムを対象とする。HVシステムは対象外とする。対象製品には、AT(自動変速機)、CVT(無段変速機)、AMT(自動制御マニュ・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価

価格2,000(税抜)

購入する

エンジンマネジメントシステム(GEM-PFI)〈レポート基準年:2017年〉

データ更新日:2019年02月15日
情報提供元 株式会社富士経済ネットワークス
PDFページ数 1頁(186kb)
レポート概要(レポートから抜粋)

エンジンマネジメントシステムは、エンジンECUによって制御されるシステムである。燃料の違いによりガソリンやフレックス燃料を使用するガソリンエンジンマネジメントシステム(GEM)、軽油を燃料とするディーゼルエンジンマネジメントシステム(DEM)に大別され、GEMにはインテークマニホールド内に噴射する・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価

価格2,000(税抜)

購入する

アイドリングストップ/回生システム〈レポート基準年:2017年〉

データ更新日:2019年02月15日
情報提供元 株式会社富士経済ネットワークス
PDFページ数 1頁(187kb)
レポート概要(レポートから抜粋)

アイドリングストップシステムは、車両停車時において自発的にエンジンを停止し、発進時にエンジンを再始動させるシステムである。回生システムは、車両の減速時に発生する運動エネルギーを主に電気として回収し、回生エネルギーとして再利用することで燃費改善を行うシステムである。本項は、HV/PHV/EV/FCV・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価

価格2,000(税抜)

購入する

インジェクター〈レポート基準年:2017年〉

データ更新日:2019年02月15日
情報提供元 株式会社富士経済ネットワークス
PDFページ数 1頁(194kb)
レポート概要(レポートから抜粋)

当該製品は、エンジンマネジメントシステムに搭載され、混合気を作る為の燃料噴射デバイスである。システムのタイプによって当該製品に対する要求が違う為、製品構造が異なる。GEM-PFI向けの製品は吸気マニホールドに取り付けられ、空気がシリンダー内部に入る前に燃料を噴射し混合気を作る。GEM-DIとDEM・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価

価格2,000(税抜)

購入する

エキゾーストマニホールド〈レポート基準年:2016年〉

データ更新日:2017年10月17日
情報提供元 株式会社富士経済ネットワークス
PDFページ数 1頁(140kb)
レポート概要(レポートから抜粋)

当該製品は、複数の排気流路を一つにまとめる排気管であり、排気ポートに接続されるヘッダーパイプとこれらを集合させるコレクターからなる。近年、排ガス浄化を向上させる為に触媒コンバーターをエキゾーストマニホールドに内蔵させるケースが増加している。市場は、エンジンを搭載しないEV/FCVの除く自動車の生産・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価

価格2,000(税抜)

購入する

EGRクーラー〈レポート基準年:2016年〉

データ更新日:2017年10月17日
情報提供元 株式会社富士経済ネットワークス
PDFページ数 1頁(146kb)
レポート概要(レポートから抜粋)

EGRシステムとはエンジンで不完全燃焼した排気をエンジンに再び戻し、再度燃焼させ有害物質が外気中に放出するのを抑える技術である。本稿では、エンジンに再び高温度の排出ガスを戻す際に発生するノッキング現象を防ぐ為、排出ガスを冷却する機構であるEGRクーラーを対象とする。EGRシステムは、排ガス規制の対・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価

価格2,000(税抜)

購入する

EGRバルブ〈レポート基準年:2016年〉

データ更新日:2017年10月17日
情報提供元 株式会社富士経済ネットワークス
PDFページ数 1頁(143kb)
レポート概要(レポートから抜粋)

EGR(Exhaust Gas Recirculation:排気再循環)は、排出ガスの一部を取り出し吸気部に再度吸引させ、燃焼温度を下げる目的で使用されるシステム、EGRバルブは、吸気側に循環させる排出ガスの量を調節する部品である。ガソリンエンジンでは、スロットルボディを全開にしてEGRバルブで空・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価

価格2,000(税抜)

購入する

インテークマニホールド〈レポート基準年:2016年〉

データ更新日:2017年10月17日
情報提供元 株式会社富士経済ネットワークス
PDFページ数 1頁(187kb)
レポート概要(レポートから抜粋)

当該製品は、エンジンに混合気を均等にかつ効率的に送り込む為の管である。管の太さや長さに応じて混合気の量が異なる為、エンジンの回転数や出力に大きく影響を与える部品である。その為、走行状況に応じて管の長さを調整できる可変長タイプの製品が増加している。市場は、エンジンを搭載しないEV/FCVを除く自動車・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価

価格2,000(税抜)

購入する

エアクリーナ〈レポート基準年:2016年〉

データ更新日:2017年10月17日
情報提供元 株式会社富士経済ネットワークス
PDFページ数 1頁(180kb)
レポート概要(レポートから抜粋)

当該製品は、空気中のダストがエンジンに吸入されるのを防ぐ為のフィルターである。インテークマニホールドの入り口に設置し、ダストによるシリンダー内壁やピストンリング、ベアリング等の摩擦を抑制できる。フィルターの用途の他に、吸気温度を調整する機能も併せ持つ。2015年の市場規模は、数量ベースで8901万・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価

価格2,000(税抜)

購入する

電子制御スロットルボディ〈レポート基準年:2016年〉

データ更新日:2017年10月17日
情報提供元 株式会社富士経済ネットワークス
PDFページ数 1頁(136kb)
レポート概要(レポートから抜粋)

当該製品は、吸入空気量をバルブの開閉で調整する為のモジュールである。ディーゼルエンジンでは燃料噴射量によってエンジンの出力を制御する為、吸入空気量の調整は必要ない。しかし、大量のEGRをかける時やキーオフ後にエンジンをスムーズに止める等の用途で、空気量を絞る目的で搭載が進められている。2015年の・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価

価格2,000(税抜)

購入する

燃料ポンプ〈レポート基準年:2016年〉

データ更新日:2017年10月17日
情報提供元 株式会社富士経済ネットワークス
PDFページ数 1頁(141kb)
レポート概要(レポートから抜粋)

当該製品は、燃料タンクから燃料をくみ出してインジェクターへと送る為のポンプである。直噴エンジンやディーゼルエンジンでは燃料を高圧状態にしてインジェクターへと送り込んでいる。又、同エンジン向けでは燃料タンクから燃料を汲み上げるフィードポンプも必要である為、本稿ではフィードポンプと高圧ポンプとのセット・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価

価格2,000(税抜)

購入する

ラジエータファン〈レポート基準年:2014年〉

データ更新日:2015年05月27日
情報提供元 株式会社富士経済ネットワークス
PDFページ数 1頁(104kb)
レポート概要(レポートから抜粋)

当該製品は、ラジエーターを流れる冷却水を強制的に冷やすためのファンである。本稿では、モーターファンとシュラウドを組み付けたラジエーターファンモジュールとして市場を捉えた。また、ラジエーターメーカーが内製していない場合は調達するモーターファンのみの市場で捉えた。また、HVやEVのインバーター冷却用・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価

価格2,000(税抜)

購入する

EGRバルブ〈レポート基準年:2014年〉

データ更新日:2015年05月27日
情報提供元 株式会社富士経済ネットワークス
PDFページ数 1頁(118kb)
レポート概要(レポートから抜粋)

EGR(Exhaust Gas Recirculation:排気再循環)は燃焼室から出た排気ガスの一部を取り出し吸気部に再度吸引させ、燃焼温度を下げることで窒素酸化物(NOx)の排出量を抑えることを目的としたシステムである。EGRバルブは、吸気部に循環させる排気ガスの量を調整する部品である。エンジ・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価

価格2,000(税抜)

購入する

エキゾーストマニホールド〈レポート基準年:2014年〉

データ更新日:2015年05月27日
情報提供元 株式会社富士経済ネットワークス
PDFページ数 1頁(111kb)
レポート概要(レポートから抜粋)

当該製品は、複数の排気流路を一つにまとめる排気管である。複数の排気ポートに接続されるヘッダーパイプと、複数のヘッダーパイプを集合させるコレクターからなる。エンジンに必ず1個搭載される製品であるが、二つのシリンダーヘッドを持つV型6気筒エンジンやV型8気筒エンジンでは、それぞれのヘッドに当該製品が搭・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価

価格2,000(税抜)

購入する

インテークマニホールド〈レポート基準年:2014年〉

データ更新日:2015年05月27日
情報提供元 株式会社富士経済ネットワークス
PDFページ数 1頁(112kb)
レポート概要(レポートから抜粋)

当該製品は、複数の吸気流路に空気を分配させる多岐管である。当該製品は、エンジンの性能に大きく関わるため、車の特性や使用環境に合わせて最も効率が良い(空気を吸いやすい)形状となっている。V型エンジンでもバンクの中央に搭載することで一つの製品で機能を果たせるため、当該製品はエンジン搭載車に1個搭載され・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価

価格2,000(税抜)

購入する

触媒コンバータ〈レポート基準年:2014年〉

データ更新日:2015年05月27日
情報提供元 株式会社富士経済ネットワークス
PDFページ数 1頁(112kb)
レポート概要(レポートから抜粋)

当該製品は、エキゾーストマニホールドとマフラーの間に搭載され、燃焼中に発生した有害成分を無害成分に浄化する装置である。本稿ではガソリンエンジン向けの三元触媒とディーゼルエンジン向けの酸化触媒を対象とする。ガソリンエンジンにおいてはHC、CO、NOX等の有害物質を同時に低減できる三元触媒が主流である・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価

価格2,000(税抜)

購入する

電子制御スロットルボディ〈レポート基準年:2014年〉

データ更新日:2015年05月27日
情報提供元 株式会社富士経済ネットワークス
PDFページ数 1頁(118kb)
レポート概要(レポートから抜粋)

電子制御スロットルボディは、エンジンECUでスロットル弁の開度を制御することができるスロットルボディを対象とする。対象のスロットルボディはスロットル弁の開度を検出してECUに信号を送るためのセンサーと弁を開閉させる小型モーターが搭載されている。従来、スロットル弁とアクセルペダルがワイヤで機械的につ・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価

価格2,000(税抜)

購入する

燃料ポンプ〈レポート基準年:2014年〉

データ更新日:2015年05月27日
情報提供元 株式会社富士経済ネットワークス
PDFページ数 1頁(111kb)
レポート概要(レポートから抜粋)

当該製品は、燃料タンクから燃料をくみ出して燃料噴射装置へと送るためのポンプである。ガソリン直噴エンジンやディーゼルエンジンでは燃料を高圧にする必要があることから、燃料を高圧にするサプライポンプが別途必要となるが、本稿では対象外とし、単純に燃料タンクから燃料を送り出すフィードポンプのみを対象とする。・・・

1.市場規模(前年比)
2.市場予測
3.市場動向(販売実績・前年比)
4.マーケットシェア(会社名、販売実績、シェア)
5.市場概要
6.マーケットシェア状況
7.市場展望
8.市場指標/評価

価格2,000(税抜)

購入する

ページの先頭に戻る