[特集論文ー2]顧客価値の暗黙化 (延岡健太郎 一橋大学イノベーション研究センター長・教授)

一橋ビジネスレビュー  2017SPR 2017.3.9
  Twitterでつぶやく

1顧客価値の暗黙化とは近年、イノベーションが目標とすべき顧客価値の基準が大きく変容した。しかし、多くの日本企業はその変化に対応できていない。従来、製造業が作り出す顧客価値は、商品の技術的な数字や仕様によって表される商品機能が主体であった。しかし、そのような商品機能では、すぐに模倣される時代になった。顧客が求める価値として、カタログに書かれた商品仕様・機能を超えた部分が重要になった。消費財でいえば、…


  • ●この記事の情報
  • 掲載誌:
  • 一橋ビジネスレビュー
  • 2017SPR
  • (2017.3.9)
  • ページ数:
  • 11ページ
  • (全13713字)
  • 形式:
  • PDFファイル形式
  • (1021kb)
  • 雑誌での掲載位置:
  • 20〜30頁目

このページのURLをメールで送る

購入方法

この記事は以下の決済方法を使ってご購入できます。

G-Search ミッケ!は記事ごとに販売するサービスです。
この記事のページ数は「11ページ」です。ご希望の記事か、ご購入の前に「この記事の情報」で内容をお確かめください。
※特集のトビラ、タイトルページなど、図案が中心のページもございます。ご購入の際は文字数もご確認ください。

@nifty決済で購入する

価格:700円+税
購入する

Yahoo!ウォレットで購入する

価格:700円+税
購入する

G-SearchIDで購入する

価格:700円+税
購入する

IDをお持ちでない方

この号の他の記事をみる

お薦めの記事

この記事が掲載されている雑誌の情報

一橋ビジネスレビュー
2017.3.9
2017SPR

一橋ビジネスレビューは、企業経営者やビジネスリーダー、知的ビジネスパーソンのために最新の経営理論・手法を分析しています。G-Search ミッケ!では、一橋ビジネスレビューのバックナンバーを必要な記事だけ購入する事ができます。

この号の他の記事をみる