Topics & News 03 東京の木、床材や構造材などで続々登場

ハウジング・トリビューン 2016.2.12
ブックマーク:   Twitterでつぶやく

駅で、商業施設で活用広がる多摩産材 東京都が東京の木である多摩産材の利用促進に向けPRを強化している。他県と共同で展示会を開催し、木材利用の拡大を図るとともに、公共建築物などシンボリックな建物や人の集まる施設などに多摩産材の採用を促し、都民に対し多摩産材の魅力をアピール。認知度を高め、住まいづくりに利用してもらう狙いだ。* * * 東京都の調査によると、都民の多摩産材の認知度は1割程度にとどまって…


  • ●この記事の情報
  • 掲載誌:
  • ハウジング・トリビューン
  • 2016.2.12
  • ページ数:
  • 1ページ
  • (全1184字)
  • 形式:
  • PDFファイル形式
  • (642kb)
  • 雑誌での掲載位置:
  • 29頁目

このページのURLをメールで送る

購入方法

この記事は以下の決済方法を使ってご購入できます。

G-Search ミッケ!は記事ごとに販売するサービスです。
この記事のページ数は「1ページ」です。ご希望の記事か、ご購入の前に「この記事の情報」で内容をお確かめください。
※特集のトビラ、タイトルページなど、図案が中心のページもございます。ご購入の際は文字数もご確認ください。

@nifty決済で購入する

価格:100円+税
購入する

Yahoo!ウォレットで購入する

価格:100円+税
購入する

G-SearchIDで購入する

価格:100円+税
購入する

IDをお持ちでない方

この号の他の記事をみる

お薦めの記事

この記事が掲載されている雑誌の情報

ハウジング・トリビューン
2016.2.12

ハウジング・トリビューンは、住宅産業"住生活産業"と捉え、住生活・住ビジネスに役立つ情報を多角的・横断的にお届けする新時代の総合専門誌です。ニュース感覚溢れる速報力とシャープな解説・分析力に定評があります。 G-Search ミッケ!では、ハウジング・トリビューンのバックナンバーを必要な記事だけ購入する事ができます。
この号の他の記事をみる