特集 2030年の住宅産業ビジョン(1) 十人十色の住宅双六 住まいの選択肢がさらに広がる

ハウジング・トリビューン 2016.12.26
  Twitterでつぶやく

住宅の総合商社化で新築市場の縮小を乗り切る 賃貸住宅からはじまり、分譲マンションを経て、郊外の庭付き一戸建てで「上り」──。こうした典型的な「住宅双六」は既に変化し、住まいの選択肢の多様化が顕著になってきている。そして、2030年、さらに様々な選択肢が登場し、十人十色の住宅双六が描かれることになりそうだ。 1973年、建築学者の上田篤氏が「現代住宅双六」というものを発表した。 日本が高度経済成長を…


  • ●この記事の情報
  • 掲載誌:
  • ハウジング・トリビューン
  • 2016.12.26
  • ページ数:
  • 2ページ
  • (全2466字)
  • 形式:
  • PDFファイル形式
  • (764kb)
  • 雑誌での掲載位置:
  • 10〜11頁目

このページのURLをメールで送る

購入方法

この記事は以下の決済方法を使ってご購入できます。

G-Search ミッケ!は記事ごとに販売するサービスです。
この記事のページ数は「2ページ」です。ご希望の記事か、ご購入の前に「この記事の情報」で内容をお確かめください。
※特集のトビラ、タイトルページなど、図案が中心のページもございます。ご購入の際は文字数もご確認ください。

@nifty決済で購入する

価格:150円+税
購入する

Yahoo!ウォレットで購入する

価格:150円+税
購入する

G-SearchIDで購入する

価格:150円+税
購入する

IDをお持ちでない方

この号の他の記事をみる

お薦めの記事

この記事が掲載されている雑誌の情報

ハウジング・トリビューン
2016.12.26

ハウジング・トリビューンは、住宅産業"住生活産業"と捉え、住生活・住ビジネスに役立つ情報を多角的・横断的にお届けする新時代の総合専門誌です。ニュース感覚溢れる速報力とシャープな解説・分析力に定評があります。 G-Search ミッケ!では、ハウジング・トリビューンのバックナンバーを必要な記事だけ購入する事ができます。
この号の他の記事をみる