特集 ゴミ分別、省エネは死語になる? 「グリーンAI」起動〜「お天気任せ」から脱却

日経エコロジー 第216号 2017.6.1
  Twitterでつぶやく

食品ロス対策なかなか進まなかった食品ロス削減に光明が差した。「人の気持ち」を踏まえたAIが、精緻な需要予測を可能にした。 本来食べられるはずの食品が廃棄される「食品ロス」。世界では毎年約13億tが廃棄されており、社会課題となっている。これまでなかなか進まなかった食品ロス削減に、AIが威力を発揮している。 日本気象協会(東京都豊島区)は3月に、企業が生産・販売する商品の需要を予測する専門部署を立ち上…


  • ●この記事の情報
  • 掲載誌:
  • 日経エコロジー
  • 第216号
  • (2017.6.1)
  • ページ数:
  • 2ページ
  • (全2101字)
  • 形式:
  • PDFファイル形式
  • (869kb)
  • 雑誌での掲載位置:
  • 28〜29ページ目

このページのURLをメールで送る

購入方法

この記事は以下の決済方法を使ってご購入できます。

G-Search ミッケ!は記事ごとに販売するサービスです。
この記事のページ数は「2ページ」です。ご希望の記事か、ご購入の前に「この記事の情報」で内容をお確かめください。
※特集のトビラ、タイトルページなど、図案が中心のページもございます。ご購入の際は文字数もご確認ください。

@nifty決済で購入する

価格:150円+税
購入する

Yahoo!ウォレットで購入する

価格:150円+税
購入する

G-SearchIDで購入する

価格:150円+税
購入する

IDをお持ちでない方

この号の他の記事をみる

お薦めの記事

この記事が掲載されている雑誌の情報

日経エコロジー
2017.6.1
第216号

日経エコロジーは、環境時代を切り拓く技術と経営情報誌です。G-Search ミッケ!では、日経エコロジーのバックナンバーから必要な記事だけ購入する事ができます。
この号の他の記事をみる