時事深層 POLICY〜彷徨う公立美術館 「民から官」に回帰

日経ビジネス 第1727号 2014.2.3
ブックマーク:   Twitterでつぶやく

全国に500館以上ある公立美術館が岐路に立たされている。民間委託の綻びが見え始め、「民から官」へ揺り戻しの動きも。経営難の美術館を集約する構想も持ち上がっている。 関西屈指の高級住宅街、兵庫県芦屋。文化人も多く住むこの街の芦屋市立美術博物館の運営を巡り、市民も巻き込んだ騒動に発展したのは2011年だ。 館の運営を委託されていたNPO法人(特定非営利活動法人)の契約切り替えの際、人件費削減を告げられ…


  • ●この記事の情報
  • 掲載誌:
  • 日経ビジネス
  • 第1727号
  • (2014.2.3)
  • ページ数:
  • 2ページ
  • (全2522字)
  • 形式:
  • PDFファイル形式
  • (491kb)
  • 雑誌での掲載位置:
  • 12〜13ページ目

このページのURLをメールで送る

購入方法

この記事は以下の決済方法を使ってご購入できます。

G-Search ミッケ!は記事ごとに販売するサービスです。
この記事のページ数は「2ページ」です。ご希望の記事か、ご購入の前に「この記事の情報」で内容をお確かめください。
※特集のトビラ、タイトルページなど、図案が中心のページもございます。ご購入の際は文字数もご確認ください。

@nifty決済で購入する

価格:150円+税
購入する

Yahoo!ウォレットで購入する

価格:150円+税
購入する

G-SearchIDで購入する

価格:150円+税
購入する

IDをお持ちでない方

この号の他の記事をみる

お薦めの記事

この記事が掲載されている雑誌の情報

日経ビジネス
2014.2.3
第1727号

日経ビジネスは、マネジメント層のための経済・経営情報誌です。G-Search ミッケ!では、日経ビジネスのバックナンバーから必要な記事だけ購入する事ができます。
この号の他の記事をみる