サイバー攻撃最前線〜長びく可能性のあるShellShock問題 今のうちに事後対応ベースの対策を

日経コミュニケーション 第610号 2014.11.1
ブックマーク:   Twitterでつぶやく

2014年9月、GNU Bashの重大な脆弱性「ShellShock」が報告された。その深刻度は4月のOpenSSL Heartbleed以上と言われる。理由の一つは攻撃を実行するための技術的なハードルが低いこと。また、この脆弱性は数年前から悪用されていた可能性があり、サーバーは既に侵害されているものとして対応を進めたい。3つの対応策に優先度を付けて実施 ShellShockへの対策はパッチを適用…


  • ●この記事の情報
  • 掲載誌:
  • 日経コミュニケーション
  • 第610号
  • (2014.11.1)
  • ページ数:
  • 1ページ
  • (全1470字)
  • 形式:
  • PDFファイル形式
  • (2148kb)
  • 雑誌での掲載位置:
  • 71ページ目

このページのURLをメールで送る

購入方法

この記事は以下の決済方法を使ってご購入できます。

G-Search ミッケ!は記事ごとに販売するサービスです。
この記事のページ数は「1ページ」です。ご希望の記事か、ご購入の前に「この記事の情報」で内容をお確かめください。
※特集のトビラ、タイトルページなど、図案が中心のページもございます。ご購入の際は文字数もご確認ください。

@nifty決済で購入する

価格:100円+税
購入する

Yahoo!ウォレットで購入する

価格:100円+税
購入する

G-SearchIDで購入する

価格:100円+税
購入する

IDをお持ちでない方

この号の他の記事をみる

お薦めの記事

この記事が掲載されている雑誌の情報

日経コミュニケーション
2014.11.1
第610号

日経コミュニケーションは、通信・ネットワークの技術と業界動向情報誌です。G-Search ミッケ!では、日経コミュニケーションのバックナンバーから必要な記事だけ購入する事ができます。
この号の他の記事をみる