講座 押さえておきたい Windowsサーバーの“くせ”〜第5回 ターミナル・サービス 利用できるアプリに制約大量印刷処理は基本的に不向き

日経SYSTEMS 第166号 2007.2.1
ブックマーク:   Twitterでつぶやく

Windowsサーバーには,情報漏洩対策や管理負荷の軽減に有効なシン・クライアントを実現する仕組みとして「Windowsターミナル・サービス」と呼ぶ機能が付属する。ただし,利用できるアプリケーションに制約がある,大量印刷処理に不向き−−などの点に気を付ける必要がある。山岸 真人 NTTデータ先端技術SE事業部 今回は,Windowsターミナル・サービス(WTS)の“くせ”を取り上げます。WTSは,…


  • ●この記事の情報
  • 掲載誌:
  • 日経SYSTEMS
  • 第166号
  • (2007.2.1)
  • ページ数:
  • 4ページ
  • (全4851字)
  • 形式:
  • PDFファイル形式
  • (3143kb)
  • 雑誌での掲載位置:
  • 128〜131ページ目

このページのURLをメールで送る

購入方法

この記事は以下の決済方法を使ってご購入できます。

G-Search ミッケ!は記事ごとに販売するサービスです。
この記事のページ数は「4ページ」です。ご希望の記事か、ご購入の前に「この記事の情報」で内容をお確かめください。
※特集のトビラ、タイトルページなど、図案が中心のページもございます。ご購入の際は文字数もご確認ください。

@nifty決済で購入する

価格:250円+税
購入する

Yahoo!ウォレットで購入する

価格:250円+税
購入する

G-SearchIDで購入する

価格:250円+税
購入する

IDをお持ちでない方

この号の他の記事をみる

お薦めの記事

この記事が掲載されている雑誌の情報

日経SYSTEMS
2007.2.1
第166号

日経SYSTEMSは、企業システム構築・運営のテクニックをお届けする専門情報誌です。G-Search ミッケ!では、日経SYSTEMSのバックナンバーから必要な記事だけ購入する事ができます。
この号の他の記事をみる