講座 財務会計丸わかり 実践編〜[第5回]ソフトウエア会計 費用?それとも資産?開発コストの計上法を学ぶ

日経SYSTEMS 第166号 2007.2.1
ブックマーク:   Twitterでつぶやく

ソフトウエアの開発や取得に投じたお金は,すべて「費用」に計上できるわけではない。「資産」に計上すべきケースもある。ソフトウエア取引は会計上どのように処理すればよいのか。ITエンジニアにとって必須の知識を,今こそ身に付けよう。岩谷 誠治 公認会計士,(株)会計意識 代表取締役 「このシステムを導入すると,決算書はどう変わるの?」──。あなたがユーザーの経営層にシステムを提案したとき,相手にこう問われ…


  • ●この記事の情報
  • 掲載誌:
  • 日経SYSTEMS
  • 第166号
  • (2007.2.1)
  • ページ数:
  • 4ページ
  • (全5085字)
  • 形式:
  • PDFファイル形式
  • (761kb)
  • 雑誌での掲載位置:
  • 154〜157ページ目

このページのURLをメールで送る

購入方法

この記事は以下の決済方法を使ってご購入できます。

G-Search ミッケ!は記事ごとに販売するサービスです。
この記事のページ数は「4ページ」です。ご希望の記事か、ご購入の前に「この記事の情報」で内容をお確かめください。
※特集のトビラ、タイトルページなど、図案が中心のページもございます。ご購入の際は文字数もご確認ください。

@nifty決済で購入する

価格:250円+税
購入する

Yahoo!ウォレットで購入する

価格:250円+税
購入する

G-SearchIDで購入する

価格:250円+税
購入する

IDをお持ちでない方

この号の他の記事をみる

お薦めの記事

この記事が掲載されている雑誌の情報

日経SYSTEMS
2007.2.1
第166号

日経SYSTEMSは、企業システム構築・運営のテクニックをお届けする専門情報誌です。G-Search ミッケ!では、日経SYSTEMSのバックナンバーから必要な記事だけ購入する事ができます。
この号の他の記事をみる