事例ダイジェスト〜RFIDの活用で生産工程管理を効率化

日経SYSTEMS 第166号 2007.2.1
ブックマーク:   Twitterでつぶやく

稼働時期2006年10月 産業機械や通信機器などを製造する村田機械は,小型の無線チップ「RFID(Radio Frequency Identification)」を活用して,同社大分工場の生産工程管理システムを再構築した。工場内の各工程の製造仕掛かり状況を把握するのが目的である。 大分工場では,製品のライフサイクルが比較的短いデジタル複合機などを生産しており,生産過多で製品や部品の在庫を抱えてしま…


  • ●この記事の情報
  • 掲載誌:
  • 日経SYSTEMS
  • 第166号
  • (2007.2.1)
  • ページ数:
  • 1ページ
  • (全771字)
  • 形式:
  • PDFファイル形式
  • (587kb)
  • 雑誌での掲載位置:
  • 203ページ目

このページのURLをメールで送る

購入方法

この記事は以下の決済方法を使ってご購入できます。

G-Search ミッケ!は記事ごとに販売するサービスです。
この記事のページ数は「1ページ」です。ご希望の記事か、ご購入の前に「この記事の情報」で内容をお確かめください。
※特集のトビラ、タイトルページなど、図案が中心のページもございます。ご購入の際は文字数もご確認ください。

@nifty決済で購入する

価格:100円+税
購入する

Yahoo!ウォレットで購入する

価格:100円+税
購入する

G-SearchIDで購入する

価格:100円+税
購入する

IDをお持ちでない方

この号の他の記事をみる

お薦めの記事

この記事が掲載されている雑誌の情報

日経SYSTEMS
2007.2.1
第166号

日経SYSTEMSは、企業システム構築・運営のテクニックをお届けする専門情報誌です。G-Search ミッケ!では、日経SYSTEMSのバックナンバーから必要な記事だけ購入する事ができます。
この号の他の記事をみる