特集1 喜ばれる情報系システムの作り方〜利用者のニーズは変化する喜ばれる鍵は三つの“スピード”

日経SYSTEMS 第166号 2007.2.1
ブックマーク:   Twitterでつぶやく

「操作に戸惑う」「応答が返って来ない」「見たい情報がない」−−。これらが利用者から見た情報系システムの姿。これでは使われない。システムがニーズの変化に付いていけなくなった結果だ。達人は,利用者の思考,応答,開発/改修のスピードにこだわった。これらをスピードアップすれば,喜ばれるシステムになる。 情報系システムに悩んでいるITエンジニアは多い。代表的な声は,「構築はしたものの,あまり使ってもらえない…


  • ●この記事の情報
  • 掲載誌:
  • 日経SYSTEMS
  • 第166号
  • (2007.2.1)
  • ページ数:
  • 2ページ
  • (全2697字)
  • 形式:
  • PDFファイル形式
  • (1613kb)
  • 雑誌での掲載位置:
  • 22〜23ページ目

このページのURLをメールで送る

購入方法

この記事は以下の決済方法を使ってご購入できます。

G-Search ミッケ!は記事ごとに販売するサービスです。
この記事のページ数は「2ページ」です。ご希望の記事か、ご購入の前に「この記事の情報」で内容をお確かめください。
※特集のトビラ、タイトルページなど、図案が中心のページもございます。ご購入の際は文字数もご確認ください。

@nifty決済で購入する

価格:150円+税
購入する

Yahoo!ウォレットで購入する

価格:150円+税
購入する

G-SearchIDで購入する

価格:150円+税
購入する

IDをお持ちでない方

この号の他の記事をみる

お薦めの記事

この記事が掲載されている雑誌の情報

日経SYSTEMS
2007.2.1
第166号

日経SYSTEMSは、企業システム構築・運営のテクニックをお届けする専門情報誌です。G-Search ミッケ!では、日経SYSTEMSのバックナンバーから必要な記事だけ購入する事ができます。
この号の他の記事をみる