なぜ「カープ女子」が増えているのか●松谷創一郎

プレジデント 2014.9.29号 2014.9.29
ブックマーク:   Twitterでつぶやく

一二球団でただ一つ「独立採算」の不利 広島出身の私にとって、今年のプロ野球はとても面白い。もちろんそれは、広島東洋カープが優勝争いに加わっているからだ。最後にカープがリーグ優勝したのは、一九九一年のこと。一二球団でもっとも優勝から遠ざかったチームとなってしまった。今年はまさに悲願の優勝がかかっている。 そんなカープで注目されているのが、「カープ女子」だ。この言葉がはじめてメディア上で使われたのは、…


  • ●この記事の情報
  • 掲載誌:
  • プレジデント
  • 2014.9.29号
  • (2014.9.29)
  • ページ数:
  • 2ページ
  • (全2981字)
  • 形式:
  • PDFファイル形式
  • (674kb)
  • 雑誌での掲載位置:
  • 18〜19頁目

このページのURLをメールで送る

購入方法

この記事は以下の決済方法を使ってご購入できます。

G-Search ミッケ!は記事ごとに販売するサービスです。
この記事のページ数は「2ページ」です。ご希望の記事か、ご購入の前に「この記事の情報」で内容をお確かめください。
※特集のトビラ、タイトルページなど、図案が中心のページもございます。ご購入の際は文字数もご確認ください。

@nifty決済で購入する

価格:150円+税
購入する

Yahoo!ウォレットで購入する

価格:150円+税
購入する

G-SearchIDで購入する

価格:150円+税
購入する

IDをお持ちでない方

この号の他の記事をみる

お薦めの記事

この記事が掲載されている雑誌の情報

プレジデント
2014.9.29
2014.9.29号

最新のマネジメント手法や経済情報など、ビジネスパーソンに向けた仕事に役立つ情報を提供しています。G-Search ミッケ!では、プレジデントのバックナンバーを必要な記事だけ購入する事ができます。

この号の他の記事をみる